本文へスキップ

交通事故や交通違反で刑事事件になったら弁護士にすがりましょう。

交通違反と弁護士

軽微な交通違反

交通違反と弁護士 写真

交通違反で捕まる場合、一番多いのはなんでしょうか。 信号無視、スピード違反が上位に入りそうですが、この2つならその場で違反キップ を切られて後日罰金を収めることでだいたい解決します。 スピード違反の場合だと物凄く速度オーバーをしていたらあまり簡単に解決とは いきませんが、ほどほどの速度なら講習を1回受ける程度でしょう。 他にも一時停止違反や駐車違反で捕まった場合も逮捕されて留置所で何泊もする ことにはならないですし、実刑判決が下される可能性もほぼありませんから たいてい誰の力も借りずに事件は収束していきます。 捕まったばかりで自分で運転したくない、そんな気分じゃないから知り合いに 駅まで送ってもらおう、位の助力は請うかもしれないけれどその程度です。 報酬を支払って弁護士の力を借りるほどのことではなく、またその費用や手間に 見合うだけの物は得られないからです。 交通違反の対応にも弁護士さんは強いでしょうが、やれることは限られており 素人がひとりでやってもあまり違いはありません。 講習を1日受けて罰金さえ支払えばそれで済む事件なら、報酬を支払うだけの 仕事がないのでわざわざ優秀な弁護士の力をそこで無駄遣いするのはあまり得策 ではありませんし、これは金銭的にも無駄に近いでしょう。 交通違反の中でも罰則の大きい飲酒運転なんかなら報酬に見合う仕事があるので しょうが、軽微なものなら頼らなくてもオッケーです。



刑事事件になる交通違反

では軽微ではなく刑事事件になる交通違反は具体的にどんなものがあるのでしょうか。 じつは決まっており、反則金制度が適用されない違反が刑事事件になります。 反則金制度とはお金で解決する制度で、定められた反則金を納めれば刑事手続き をすることなく解決させてくれるとってもありがたい制度です。 ちょっとした交通違反のたびに刑事事件にしていたらみんな大忙しですし、金銭で その手間を省くことができるのならみんなそうします。 でもちょっとしたことではない、お金では解決できないよという違反には適用 されず、それが刑事事件になる交通違反です。 無免許運転と飲酒運転、そして制限速度を30キロ以上オーバーしている場合が それに該当し、それをしてしまうとちょっと大変なことになります。 それ以外なら起訴猶予にこそあまりなりませんが、悪質でなければ公判請求を されることもなく罰金を支払うだけで終了となります。 もちろんそこには弁護士が大活躍する場所もなく、信号無視の現行犯で捕まって 開放された後に反則金を金融機関に振込みにいくだけなので、誰にも相談する ことなく翌日にはきれいさっぱり忘れてしまえます。 後日談として「先週信号無視で捕まっちゃってさ、罰金を支払ったから今月は お昼ごはん抜きで耐えなければならないのさ。よかったらなんか奢ってよ」 と誰かにおねだりするネタに使うかもしれないけれど、そんなもんです。



交通違反と逮捕

飲酒運転、無免許運転、制限速度オーバーはそれぞれ単独なら留置所に入れられる こともなく在宅のまま処理が進んでいくでしょう。 ですが出頭命令を無視したり捜査の進展に逆らうかのように振舞えば、やっぱり 逮捕され留置所で幾晩か過ごす事になります。 そうなっても弁護士のアドバイスに耳を傾け、心を入れ換えて反省すればすぐに 釈放されることはあるので「やっぱり弁護士さんてすごいなぁ」と感心せずには いられない、これはきっとみなさんも思っているでしょう。 逮捕されなくても反省している姿勢をみせるのは大切で、進んで捜査に協力して 自分の非を認めることがその後の展開できっといいことが起こります。 それを本人のプライドを深く傷付けずに促してくれる、諭してくれるのが有能で 交通違反の刑事事件に強い弁護士で、本当にいろいろとアドバイスをしてくれます から凄く参考にもなるでしょう。 例えば重大な交通違反を犯してしまったから反省をする、なので罰を軽くして下さい という場合一般人は反省の言葉を述べることが精一杯の発想です。 ですが場数を踏んできた弁護士はもっと強い反省の仕方を知っているのです。 「もう自動車の運転はいたしません、あの自動車は処分します」と違反を犯した 愛車を中古車ショップに売ってしまう、そして免許証も返納する、なんてアイデア もあるので、それをしてみてはどうかと提案してくれるのです。 そこまですれば「この人は凄く反省しているぞ」と思わせることも容易いですしね。



バナースペース